スローセックスとは

近年よく耳にするようになったスローセックスというのは、二人で共に快感を得ながら感じ合い、お互いの愛情を与え合いながら2人の愛を確認できる素敵な行為です。
セックスは人間にとって、愛し合う者同士が行なうべき行為ですよね。
そんな素敵な行為ですから、セックスの間だけは全てを忘れ快感に浸り、快感を思う存分満喫するというのがスローセックスの醍醐味です。
絶頂を得ることこそがセックスの全てだと思っている人が多いようですが、単に絶頂を感じられればいいというわけではありません。
絶頂に到達するまでを、じっくり時間をかけてリラックスしながら二人で共に楽しむというのが大切になります。
経験が浅ければ、方法に悩んだり不安があったりするでしょうから、本を読むなり映像を見るなりして情報を得ることもありますが、40代、50代といった年齢になってくるとセックスに対して淡泊になったり、探究心も薄れてしまったという方もすくなくありません。
悲しきかな、性欲が薄れた・セックスへの興味が薄れてしまいセックスレスとなってしまっているカップルや夫婦もいます。
セックスレスになってしまった中年層の方に進んで学んでいただきたいのがスローセックスです。正しい性知識や情報を学べば、相手も自分もこれまで以上に感じることができますよ。
スローセックスではテクニックが重要ですから、そのテクニックを知ることができれば、誰でもスローセックスを実践できます。
スローセックスは、愛情を確かめ合えて、さらなる信頼を深め合うことができるので、マンネリ気味な二人の関係において最高の癒しとなりえます。
スローセックスについての書籍を書いているアダム徳永氏という方がいます。彼は常に幸せをへの追求を忘れない方です。
書籍も数多く出版しているので、本を目にしことがあるという方もいるでしょう。

 

 

アダム徳永氏の考えの基本は、幸せな生活は愛する人とのセックスだというもので、愛し合えるパートナーに出会い信頼し合い、幸福な時間を共に過ごすことが大切なのだということです。
人の性についてネガティブなイメージを抱く人もいますが、本当は性とは大いなるい喜びをもたらしてくれるものだと語っています。
アダム徳永氏の書籍の中には、スローセックスだけではなく、幸せについての本もありますのでじっくりと読んでみてください。
例えば、愛する人と愛し愛されるために必要となるのは、まず自分が愛に満ちていることです。
自分の良いところや長所を認めて、自分自身が愛で満ち溢れていることが始まりであり、そして人を愛するという順が大事です。
自分はダメだとか、短所ばかりで嫌になると思っていては幸せになあることもできませんし、人を幸せにしてあげることも難しいでしょう。
アダム徳永氏の書籍ではこれらのような内容も多いので、自分に自信がなかったり自分が嫌だという方は、彼の本を読んでみることをオススメします。
スローセックスを始める前に必要な本ですので、自分自身を見つめ直し、自分からも人からも愛される自分になって、最高のパートナーを見つけられるよう準備を整えましょう。
スローセックスはエネルギーの交換という意味合いもあるそうです。
例えば、太極拳やヨガなどは「気」を高めて行うものですが、スローセックスも同様、体内のお互いの「気」を触れあわせ交換して相手も自分も癒されながら、相手に力を与えることができるのです。

 

 

独りよがりで短時間で終了するようなセックスでは、エネルギーの交換どころか快感すら得られませんね。
スローセックスは自分と相手のためのもの、二人にとって良き刺激となるセックスなのです。
日々のストレスからの解放、溜まった疲労の緩和、ホルモンバランスの調整など良いことづくしです。
スローセックスは最高のリラックスタイム、2人に取って極上の時間となるものです。
実はスローセックスは健康面にも良い影響があります。スローセックスは快感が得られるというだけでなく、美容にも健康にも良い影響を与えます。幾つになってもパートナーと、恋人と、夫婦で続けていきたいものですね。
アダム徳永氏が言うには「セックスは神様がくれた最高のギフト」なのだそうです。
最高のセックスのために、独りよがりでないセックスをするために、正しい知識を持っている事が重要になりますし、トレーニングも必要となります。
相手にもっと快感を感じてほしいと、お互いに思い合えれば、二人でスローセックスのためのトレーニングをするのもいいですね。
誰にでも聞けることではないですから、誤ったテクニックや間違った思い込みなどが多くなりがちなのが現状でもあります。
セックスや性ついては、何歳になっても学習しなおせますよ。
また、今までの自分のセックスの手法が本当に相手に喜ばれていたかは分かりません。
1から勉強し治してみるのも良い刺激になるでしょう。
トレーニングは決して恥ずべきものではありません。スローセックスを2人で楽しむために必要ですよ。

url www.edcare.net/